Xstrada V5.2 のリリース
はじめに
今般、Javaワークフローコア製品 Xstrada V5.2(v5.2.0)をリリースしました。
以降に、新しい機能や修正内容について記載しておりますので、より一層のご活用をお願いいたします。
推奨動作環境
サーバ
分類 製品
OS Windows Server 2008 R2 Standard
Windows Server 2008 Standard SP2
Windows Server 2003 R2 Standard SP2
JRE Sun JDK 6 update 22
Sun JDK 5 update 22
WAS Apache Tomcat 6.0.29
WebSphere Application Server 7.0.0.11
WebSphere Application Server Express 6.1.0.31
RDBMS
(JDBCドライバタイプ4のみ対応)
Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.1.0) Standard Edition
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0.5.0) Standard Edition
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
SQL Server 2008 R2 Standard Edtion
※ 照合順序は「Japanese_XJIS_100_BIN2」
SQL Server 2005 Standard Edition
※ 照合順序は「Japanese_90_BIN2」
クライアントPC
分類 製品
OS Windows 7
Windows Vista Business SP2
Windows XP Professional SP3
ブラウザ Internet Explorer 8
Internet Explorer 7
Internet Explorer 6 SP3
FORMWITER利用時 Microsoft Excel 2003
Microsoft Excel 2007 但し、印刷用デザインファイルのファイル形式は、「Excel97-2003ブック(*.xls)」で作成して下さい。
Microsoft Excel 2010 但し、印刷用デザインファイルのファイル形式は、「Excel97-2003ブック(*.xls)」で作成して下さい。
※FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excelがインストールされていない場合、申請書から転記した内容の印刷は可能ですが、印刷用デザインファイルに設定された計算式やグラフなどは印刷結果に反映されません。
注意事項 ポップアップブロッカーの解除
Internet Explorerに搭載されたポップアップブロッカーとGoogleツールバー、Yahoo!ツールバー、MSNツールバー等の同等の機能により、ログイン、ウィンドウオープン、ダウンロード等の処理が正常に動作しない事があります。
Internet Explorerの設定で、本システムのサーバサイトに対してポップアップブロックを解除して下さい。
ActiveXの使用
FORMWRITERやマニュアルのメニューはActiveXを使用して動作しているためInternet Explorerのセキュリティが厳しいと実行されなくなりますので、Internet Explorerのセキュリティ設定で本システムのサーバサイトに対してActiveXを実行可能にして下さい。
モバイル
※モバイル端末での利用にはオプションライセンスが必要です。
分類 製品
OS iPhone 4 (iOS 4)
iPhone 4S (iOS 5)
Android 2.3
ブラウザ OSの標準ブラウザ
新機能と機能拡張
本バージョン(Xstrada V5.2)で追加または拡張した機能です。

  1. 操性・運用の向上
    • スマートフォンでの申請書承認
      スマートフォンで、本システムにログインし申請書の承認ができるようにしました。
      ※本機能の使用にはオプションライセンスが必要です。
      [主な機能]
      ・PC版と同一のURLにアクセスすることで、スマートフォンの場合はモバイル用の画面が表示されます。
      ・申請書毎にモバイルでの承認の可/不可が設定できます。
      ・申請書の表示項目の設定を行うだけで、モバイル用の表示画面が作成できます。
      ・承認以外に、否認、差戻、転送、転送の許諾/拒否、承認取消、回議の意見入力が可能です。
      ・下記の自動ログイン機能が利用できます。

    • 自動ログイン機能の付加
      ID、パスワードの入力無しにログインできる自動ログイン機能を追加しました。
      PC、モバイル、それぞれ、使用の有無の設定が可能です。
      また、自動ログインが有効になっているモバイル端末を紛失した場合等、管理者がPCからログインし、該当ユーザの自動ログインを無効にすることができます。
    • 差戻、否認時のフィールド保存
      前バージョンまでは、差戻、否認時は、フィールド内容を変更しても保存されませんでしたが、保存するようにしました。
      今まで通り保存しない設定も可能です。
    • 回議中の申請書の承認、否認、差戻が可能
      管理者であれば、申請書管理ビューから、回議中(未判定)の申請書でも、承認、否認、差戻ができるようにしました。
    • メール作成時の送信者メールアドレス(FROM)セット
      前バージョンまでは、メールの送信者メールアドレス(FROM)を特に指定しない場合(リソースで指定したデフォルトを使用する場合)は、実際のメール送信時にFROMがセットされるため、メールログで参照した時のFROMは空でした。
      本バージョンからはメール作成時にデフォルトのFROMをセットするようにしたため、メールログでもFROMがセットされた状態で参照できます。
  2. 開発キットの強化
    • 駅すぱあとの探索条件の初期値のリソース化
      駅すぱあとの探索条件の初期値をリソースにしました。
    • JobServiceのwindowsサービスへの登録に、Apache commons-daemonの使用
      JobServiceのwindowsサービスへの登録に、Apache commons-daemonを使用するように変更しました。
      若干パラメータの指定方法が異なっていますので、パラメータ(/bin/config_custom.bat)の確認が必要です。
注意事項
  1. ライセンスファイルの変更
    本バージョンではV5.2用のライセンスファイルが必要です。それ以前のバージョンのライセンスファイルは使用できません。
    バージョンアップの際には新たにライセンスファイルの発行を受け、入れ替えて下さい。



2011年11月
株式会社オフィスパーク
企画本部