Xstrada V5.5 のリリース
はじめに
今般、Javaワークフローコア製品 Xstrada V5.5(v5.5.0)をリリースしました。
以降に、新しい機能や修正内容について記載しておりますので、より一層のご活用をお願いいたします。
推奨動作環境
サーバ
分類 製品
OS Windows Server 2008 R2 Standard SP1
Windows Server 2008 Standard SP2
Windows Server 2003 R2 Standard SP2
Java Java SE 7u3
Java SE 6 update 31
WAS Apache Tomcat 7.0.25
Apache Tomcat 6.0.35
WebSphere Application Server 8.0.0.2
WebSphere Application Server 7.0.0.21
RDBMS
(JDBCドライバタイプ4のみ対応)
Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.1.0) Standard Edition
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0.5.0) Standard Edition
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
SQL Server 2008 R2 Standard Edtion
※ 照合順序は「Japanese_XJIS_100_BIN2」
SQL Server 2005 Standard Edition
※ 照合順序は「Japanese_90_BIN2」
クライアントPC
分類 製品
OS Windows 7 Professional SP1
Windows Vista Business SP2
Windows XP Professional SP3
ブラウザ
(FormWriter使用時は32ビット版を使用して下さい)
Internet Explorer 9
Internet Explorer 8
Internet Explorer 7
Internet Explorer 6 SP3
FORMWITER利用時 Microsoft Excel 2010
Microsoft Excel 2007
Microsoft Excel 2003
Microsoft Excel XP SP3
  • FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excelがインストールされていない場合、申請書から転記した内容の印刷は可能ですが、印刷用デザインファイルに設定された計算式やグラフなどは印刷結果に反映されません。
  • FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excel 2003がインストールされている時は、デザインファイルのファイル形式に"xlsx"は使用できません。
  • デザインファイルのファイル形式に"xlsx"を使用する場合はセルの名称の長さに4文字以上の制限があります。
注意事項 ポップアップブロッカーの解除
Internet Explorerに搭載されたポップアップブロッカー、またはGoogleツールバー、Yahoo!ツールバー、MSNツールバー等の同等の機能により、ログイン、ウィンドウオープン、ダウンロード等の処理が正常に動作しない事があります。
設定で、本システムのサーバサイトに対してポップアップブロックを解除して下さい。
ActiveXの使用
FORMWRITERやマニュアルのメニューはActiveXを使用して動作しているためInternet Explorerのセキュリティが厳しいと実行されなくなりますので、Internet Explorerのセキュリティ設定で本システムのサーバサイトに対してActiveXを実行可能にして下さい。
モバイル
※モバイル端末での利用にはオプションライセンスが必要です。
分類 OS ブラウザ
iPhone / iPad iOS4 / iOS5 / iOS6 Safari
Android Android 2.3 標準ブラウザ
Android 4.2 Chrome
新機能と機能拡張
本バージョン(Xstrada V5.5)で追加または拡張した機能です。

  1. 操性・運用の向上
    • iPad対応
      iPadに対応しました。見やすい大きい画面で操作できます。画面レイアウトは基本的にiPhoneと同じです。
    • MobilePlusで承認者記入欄のサポート
      従来のMobilePlusの簡易設定で作成した承認画面は編集不可であり、承認者記入欄などの入力は一切できませんでしたが、本バージョンでは承認者記入欄をサポートしました。
      承認ボタンクリック時に、承認者記入欄を入力することができます。
      承認者記入欄は、テキスト入力で、必須チェックと最大文字数チェックをサポートしております。
      ※MobileProライセンスの場合、jspで承認画面を作成すると編集可能であり、自由な形式で記入欄を作成できます。
    • ワークフロー設定の自動コンバート
      従来、ワークフローXMLに変更を伴うバージョンアップを行った場合、ワークフロー設定を1つずつ開いて保存しなおす必要がありました。
      本バージョンからは、自動コンバートを行うため、そのような再保存処理は不要になります。
    • ルート図で承認済アクティビティを非表示
      ルート図で承認済アクティビティを非表示にしました。大きくなりがちなルート図を小さく表示することができます。
      ワークフローが終了した場合はルート図ボタンも表示されません。
      ※通過したルートは承認履歴を参照して下さい。
      ※リソース設定により、従来通りの表示に戻すこともできます。
    • 承認印表示欄に、カレントアクティビティのブランクの印影欄を表示
      印影欄には承認済みアクティビティの印影しか表示されていませんでしたが、カレントアクティビティのブランクの印影欄を表示するようにしました。
    • ActiveXの事前ダウンロードページの作成
      本システム利用前に、このページにアクセスすることで、FORMWRITERで利用するActiveXを事前にダウンロードできます。
      事前ダウンロードしない場合は、帳票等の印刷処理時にダウンロードされますが、その際にセキュリティ設定等によりダウンロードできない場合は印刷に失敗することがあります。それを未然に防ぎます。
    • マスタメンテにCSVダウンロード機能追加
      マスタメンテ画面で、データをCSVとしてダウンロードすることができるようにしました。
      ※バイナリ型のカラムデータは対象外となります。
    • ジョブサービスのログの一括ダウンロード対応
      ジョブサービスのログ3種類(標準ログ、stdout、stderr)の1日分を一括してzip形式でダウンロードできるようにしました。
  2. 開発キットの強化
    • モバイルでタブ表示のサポート
      モバイルでタブ表示をサポートしました。狭いモバイル画面を有効に使用できます。
 
制限事項・注意事項
  1. ライセンスファイルの変更
    本バージョンではV5.5用またはV5.2以上のライセンスファイルが必要です。それ以前のバージョンのライセンスファイルは使用できません。
    バージョンアップの際には新たにライセンスファイルの発行を受け、入れ替えて下さい。



2012年12月
株式会社オフィスパーク
企画本部