Xstrada V5.6 のリリース
はじめに
今般、Javaワークフローコア製品 Xstrada V5.6(v5.6.0)をリリースしました。
以降に、新しい機能や修正内容について記載しておりますので、より一層のご活用をお願いいたします。
基本動作環境
サーバ
分類 製品
OS Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard (SP1以上)
Java Java SE 7 (u3以上)
Java SE 6 (u31以上)
WAS Apache Tomcat 7.0 (7.0.25以上)
WebSphere Application Server 8.5 (8.5.0.1以上)
WebSphere Application Server 8.0 (8.0.0.2以上)
RDBMS
(JDBCドライバタイプ4)
Oracle Database 11g Release 2 Standard Edition (11.2.0.1.0以上)
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
SQL Server 2012 Standard Edition (SP1以上)
※ 照合順序は「Japanese_XJIS_100_BIN2」
SQL Server 2008 R2 Standard Edtion
※ 照合順序は「Japanese_XJIS_100_BIN2」
クライアントPC
分類 製品
OS Windows 8 Pro
※ デスクトップのIEのみ利用可能(モダンUIのIEには未対応)
※ FORMWRITER使用有無に関わらず、IEのActiveX有効化が必要
Windows 7 Professional (SP1以上)
Windows Vista Business (SP2以上)
Windows XP Professional (SP3以上)
ブラウザ
(32ビット版のIEのみ対応)
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9
Internet Explorer 8
Internet Explorer 7
Internet Explorer 6 (SP3以上)
FORMWRITER利用時 Microsoft Excel 2013
Microsoft Excel 2010
Microsoft Excel 2007
Microsoft Excel 2003
  • FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excelがインストールされていない場合、申請書から転記した内容の印刷は可能ですが、印刷用デザインファイルに設定された計算式やグラフなどは印刷結果に反映されません。
  • FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excel 2003がインストールされている時は、デザインファイルのファイル形式に"xlsx"は使用できません。
  • デザインファイルのファイル形式に"xlsx"を使用する場合はセルの名称の長さに4文字以上の制限があります。
モバイル
※モバイル端末での利用にはオプションライセンスが必要です。
分類 OS ブラウザ
iPhone / iPad iOS4 / iOS5 / iOS6 Safari
Android Android 2.3 標準ブラウザ
Android 4.2 Chrome
新機能と機能拡張
本バージョン(Xstrada V5.6)で追加または拡張した機能です。

  1. 操性・運用の向上
    • 最新の動作環境に対応
      Windows8、IE10等、最新の動作環境に対応しました。
      ※ただし、Windows8ではデスクトップのIEを利用し、ActiveXを有効化する必要があります。
    • モバイルでの申請書の起票と申請
      モバイルで、従来からの承認操作に加えて、申請書の起票、申請に対応しました。
      簡単な申請書は、外出先から作成、申請ができます。
      ※MobileProライセンスが必要です。
    • 回議への差戻し
      回議アクティビティへの差戻しを可能としました。
    • ログインユーザ一覧ビューに、最終アクセス日時の表示追加
      ログイン中のユーザが最後にサーバにアクセスした日時が分かります。
    • サーバにあるファイルのダウンロード機能
      システム管理者向けに、サーバの特定ディレクトリ(リソースで指定)内のファイル一覧取得、ダウンロードを行う機能を追加しました。
      ログファイル等をブラウザで取得することができます。
修正内容
本バージョンで修正した内容です。

  • 申請書の履歴画面で「差戻、取戻、取消された履歴を表示しない」が回議の意見に対して正しく機能しない
    回議の意見に対しても正しく機能するように修正しました。
  • 権限をコピーして新規作成した時に、内包する権限としてコピー元の権限を選択できない
    コピー元の権限も選択できるように修正しました。
  • アクティビティ設定の、期限後及び回議判定後の処理として「差戻(申請者)」を実行した場合に、差戻ブレークが考慮されない
    差戻ブレークを考慮するように修正しました。
    今後は「差戻(申請者)」を行なっても、途中に差戻ブレークのアクティビティがある場合は、そこまでの差戻しとなります。申請者まで差し戻されません。
制限事項・注意事項
  1. ライセンスファイルの変更
    本バージョンではV5.6用またはV5.2以上のライセンスファイルが必要です。それ以前のバージョンのライセンスファイルは使用できません。
    バージョンアップの際には新たにライセンスファイルの発行を受け、入れ替えて下さい。
  2. 旧バージョンとの互換性
    • RDBのテーブル、ビューの変更が必要です。
      RDBに既に存在するデータの内容については互換がありますが、テーブルやビュー(またはシノニム)の変更が必要です。
      テーブルの変更、ビュー(シノニム)の変更は提供するコンバートSQLで行って下さい。
    • 以前のシステムでエンジンのクラスを継承してカスタマイズクラスを作成されている場合やエンジンのAPIを使用している申請書など、エンジンのクラスやメソッドを変更した影響により、これらの設計に対して修正が必要になる可能性があります。
      該当するお客様ではバージョンアップの際、再コンパイルや実機での動作確認をお願いいたします。
      詳しくは弊社担当者へ問い合わせ下さい。



2013年4月
株式会社オフィスパーク
企画本部