Xstrada V6.1 のリリース
はじめに
今般、Javaワークフローコア製品 Xstrada V6.1(v6.1.0)をリリースしました。
以降に、新しい機能や修正内容について記載しておりますので、より一層のご活用をお願いいたします。
基本動作環境
サーバ
分類 製品
OS Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard (SP1以上)
Java Java SE 8 (u25以上)
Java SE 7 (u25以上)
WAS Apache Tomcat 8.0 (8.0.15以上)
Apache Tomcat 7.0 (7.0.25以上)
WebSphere Application Server 8.5 (8.5.0.1以上)
RDBMS
(JDBCドライバタイプ4)
Oracle Database 12c Release 1 Standard Edition (12.1.0.1.0以上)
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
Oracle Database 11g Release 2 Standard Edition (11.2.0.4.0以上)
※ キャラクタセットは「AL32UTF8」または「JA16SJISTILDE」
SQL Server 2014 Standard Edition
※ 照合順序は「Japanese_XJIS_100_BIN2」
SQL Server 2012 Standard Edition (SP1以上)
※ 照合順序は「Japanese_XJIS_100_BIN2」
クライアントPC
分類 製品
OS Windows 8.1 Pro
※ デスクトップのIEのみ利用可能(モダンUIのIEには未対応)
※ FORMWRITER使用有無に関わらず、IEのActiveX有効化が必要
Windows 7 Professional (SP1以上)
※ Internet Explorer 11をご利用の際は制限事項をご確認ください。
ブラウザ
(32ビット版のIEのみ対応)
Internet Explorer 11
※ Windows 7でご利用の際は制限事項をご確認ください。
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9
Internet Explorer 8
FORMWRITER利用時 Microsoft Excel 2013
Microsoft Excel 2010
Microsoft Excel 2007
  • FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excelがインストールされていない場合、申請書から転記した内容の印刷は可能ですが、印刷用デザインファイルに設定された計算式やグラフなどは印刷結果に反映されません。
  • FORMWRITER利用者のクライアントにMicrosoft Excel 2003がインストールされている時は、デザインファイルのファイル形式に"xlsx"は使用できません。
  • デザインファイルのファイル形式に"xlsx"を使用する場合はセルの名称の長さに4文字以上の制限があります。
モバイル
※モバイル端末での利用にはオプションライセンスが必要です。
分類 OS ブラウザ
iPhone / iPad iOS8(8.1.1以降) Safari
iOS7
Android Android 4.2 Chrome
Android 2.3 標準ブラウザ
新機能と機能拡張
本バージョンで追加または拡張した機能です。

  1. 操性・運用の向上
    • 稼働環境の更新
      稼働環境を更新しました。
      <新規対応>
      ・Windows Server 2012 R2
      ・Java SE 8
      ・Apache Tomcat 8.0
      ・SQL Server 2014
      ・iOS 8 (8.1.1以降。8.0/8.1は除きます)
      <対応終了>
      ・SQL Server 2008 R2
      ・Windows 8
      ・Windows Vista
      ・Windows XP
      ・Internet Explorer 7
      ・Internet Explorer 6
      ・iOS 6
      ・iOS 5
    • 駅すぱあとの二重運賃経路のデフォルト運賃の指定
      ICカード利用時と切符利用時で運賃が異なる二重運賃経路の、デフォルト運賃をいずれかに指定できます。
      ・ICカード運賃
      ・切符運賃
      ・安い方
    • 駅すぱあとのダイヤ検索の対応
      出発時刻や到着時刻を指定して検索するダイヤ検索に対応しました。
      従来の平均時間探索に比べ、正確な乗車時間や、乗車する電車の便も分かります。
    • 駅すぱあとの通勤定期区間への対応
      事前に通勤定期区間を登録しておくことで、交通費精算時に定期区間を除外した運賃を算出することができます。
    • 駅すぱあとクラウドへの対応
      別途駅すぱあとサーバを用意することなく、弊社のクラウドサーバを通して駅すぱあとの利用ができます。
      毎月の最新版のインストール等の駅すぱあとサーバの運用管理が不要になるとともに、常に最新の情報が利用できます。
      ※現在クラウドサーバーは準備段階のためご利用できません。利用をご希望のお客様はサービスの開始時期、切り替え方法などについてはお問い合わせ下さい。
    • ASP.NET版 FORM WRITERによる印刷機能
      従来のActiveX版 FORM WRITERに加え、ASP.NET版 FORM WRITERの印刷機能をサポートしました。
      ASP.NET版 FORM WRITERでは従来の専用ビューワでの出力のほか、IEのActiveXを使用せずにPDF、Excelファイルでのダウンロード、HTMLでの出力が出来ます。
      ※利用の際は、別途ASP.NETによる印刷サーバーを用意する必要があります。
    • 一般ユーザ自身によるパスワード初期化機能
      パスワードの初期化は、管理者による操作が必要でしたが、ユーザ自身によりパスワードを初期化できる機能を追加しました。
      (初期化申請ボタン → メール送信 → メール中のURLをクリック → 初期化の実行)
      管理者の負荷が軽減されます。
  2. 開発キットの強化
    • JDBCのバッチ更新に対応
      複数レコードの連続したINSERTやUPDATEなどのパフォーマンスの向上が見込めます。
修正内容
本バージョンで修正した内容です。

  • 「申請待」の申請書の取り消し
    「申請待」のステータスの申請書の承認を取り消すと、それ以降、申請書が開けなくなるのを修正しました。
  • ActiveX版 FORM WRITERで"**"で始まる値の出力
    ActiveX版 FORM WRITERで、"**"で始まる値が出力されないのを修正しました。
制限事項・注意事項
  1. ライセンスファイルの変更
    本バージョンではV6.1用、またはV6.0用のライセンスファイルが必要です。それ以前のバージョンのライセンスファイルは使用できません。
    バージョンアップの際には新たにライセンスファイルの発行を受け、入れ替えて下さい。
  2. 旧バージョンとの互換性
    • RDBのテーブル、ビューの変更が必要です。
      RDBに既に存在するデータの内容については互換がありますが、テーブルやビュー(またはシノニム)の変更が必要です。
      テーブルの変更、ビュー(シノニム)の変更は提供するコンバートSQLで行って下さい。
    • 以前のシステムでエンジンのクラスを継承してカスタマイズクラスを作成されている場合やエンジンのAPIを使用している申請書など、エンジンのクラスやメソッドを変更した影響により、これらの設計に対して修正が必要になる可能性があります。
      該当するお客様ではバージョンアップの際、再コンパイルや実機での動作確認をお願いいたします。
      詳しくは弊社担当者へ問い合わせ下さい。
  3. Windows7 で Internet Explorer11 をご利用時の制約
    OS(Windows7)に Administrator ユーザでログインし、Internet Explorer11 で本システムを利用する場合、ファイルのアップロード(申請書への添付ファイル追加等)が正しく機能しない場合があります。下記いずれかの方法で回避をお願いします。
    • Administrator ユーザ以外のユーザでログインする(推奨)
      Administrator ユーザ以外のユーザであれば、Administratorsグループに所属するユーザでも問題ありません。
    • UACを無効にする(非推奨)
      [コントロールパネル]→[ユーザーアカウント]→[ユーザーアカウント制御設定の変更]で、一番下の「通知しない」に設定します。
      ※セキュリティ的にこの方法は推奨しません。



2014年12月
株式会社オフィスパーク
企画本部